税理士報酬が安い税理士を紹介します。

税理士報酬 値引き

ここでは、税理士報酬が安い税理士を紹介しています。

 

ネットで税理士報酬が安い会計事務所を探すこともできますが、
ここで紹介しているのは税理士紹介サービスの中から、税理士報酬が安い税理士を探す方法です。

 

なぜ、税理士紹介サービスかというと、複数の税理士と比較することができるからです。

 

ビジネスをしているあなたなら、おわかりだと思いますが、価格を下げるには比較することが一番です。

 

ネット上で一本釣りのような選択では、比較することができないので、安いのか高いのか分かりません。

 

場合によっては、相手の言い値の値段できめられてしまい、あとで調べたら高かったということもおこります。

 

そんな間違いを犯さないためにも、ここでは税理士報酬が安い税理士を探すのに、
税理士紹介サービスを利用することをおすすめしています。

 

新規に税理士と契約する時には、この方法がベストです。

 

しかし、すでに税理士と顧問契約を結んでいて税理士報酬が高いと感じている方には、
税理士報酬を値引きしてもらう交渉術も紹介しているので、
税理士報酬を安くする参考にしてみてください。

税理士報酬 月1万円から、決算料0円

ここで紹介する税理士紹介サービスに登録している税理士は、全員が決算料0円で顧問を引き受けてもらえます。

 

毎月の顧問料も1万円からで、売上に応じて値段は変わりますが表のように明朗会計です。

◆税理士報酬◆

年間売上高

月々

決算料

年間

1,000万円 10,000円

0円

120,000円
3,000万円 15,000円

0円

180,000円
5,000万円 220,000円

0円

240,000円
1億円 30,000円

0円

360,000円
1億円超 応相談

0円

応相談

【関連記事】個人事業主、法人の税理士顧問料、費用相場

 

税理士報酬が安いからといって、業務が限定されているということはありません。

・来所又は訪問での相談

・電話・メールでの相談
・税務代理権限証書作成
・適時月次試算表の作成
・決算報告書の作成
・内訳・概況書の作成

・消費税申告書の作成

・法人税申告書の作成
・申告書提出の代行
・総勘定元帳の作成
・税金納付書の作成
・税務届け出書の作成

これだけの業務を料金内できっちりと対応してもらえます。

 

税理士報酬は誰でも同じなので、あとは税理士選ぶに最も大事な相性の確認をするだけです。
価格交渉もする必要がありません。

 

じっくりと、あなたと相性が合うか確認してみてください。

 

↓問い合わせはこちらから↓

税理士報酬、利用者の70%以上の人が報酬引き下げに成功

もう一つ税理士紹介サービスを紹介します。

 

このサービスを利用した人の71.4%の人が報酬引き下げに成功しています。
年間に税理士報酬を40万円以上削減した人もいます。

 

【税理士報酬の値引き事例】

税理士報酬 値引き

税理士報酬 値引き

税理士報酬 値引き

上場会社が運営しているので信頼感があり、登録税理士数や紹介マッチング件数は業界最多です。
登録税理士が多いので、1回の相談で4〜5人の税理士は紹介してもらえます。

 

早い時には、相談したその日に紹介して貰えることもあります。

 

メールで問い合わせができます。
無料ですので、まず問合せしてみませんか?

 

税理士報酬 値引き

 

ネット検索をして貰えばすぐに分かるのですが、税理士紹介サービスは、とてもたくさんあります。
他にも20社の税理士紹介サービスを紹介しているので参考にしてみてください。

 

【関連記事】税理士紹介サイト20社を比較しました!おすすめ、評判も紹介!

税理士報酬が安い!値引きしてもらう方法

今、契約している税理士を変更するつもりはないけれど、
税理士報酬が安い方がいいと感じている方は、次のやり方を実践してみてください。

 

4つの方法を紹介していますが、どれか一つでも実践することで、あなたが現在支払っている税理士報酬を安くすることができると確信しています。

1.記帳業務を自社で済ませる

記帳が済んだ状態で税理士に依頼すれば、税理士の負担はかなり減るので、税理士報酬もそれだけ大きく削減することができます。

2.対面の打合せをしない

顧客側の事務所で打ち合わせをする場合、税理士に移動時間や交通費などがかかり、それが税理士の費用に反映されます。
対面の打ち合わせをやめ、必要なやりとりは電話、メール、ZOOMなどで行い、
書類のやり取りもメール、郵便を使えば、その分税理士報酬は削減できます。

3.自社のビジネスに合わせて、必要な業務だけを依頼する

毎月の顧問料が負担なら、確定申告だけを依頼したり、あとは特別な問題が生じたときにだけ対応してもらうようにすれば、税理士報酬は大幅に節約できます。

 

たとえば最も大きな心配としては、税務調査が入った時ですよね。
大丈夫です。日ごろ顧問税理士がいなくても、税務調査の時だけ依頼することができる税理士もいます。

 

「強制調査」でない「任意調査」なら、日程を調整することができるので、その間に税理士を探し、対策を練ることになります。
日程調整は、1週間から1ヶ月の先延ばしなら問題はありません。

 

税務署は必ず調査内容を事前通知することが決められているので、税理士とはその内容に沿った対処方法を相談したり、戦略を練ったりすることができます。

4.複数の税理士から見積もりを取り比較する

税理士報酬を安くする最も効果的な方法は複数の税理士から見積もりをとって、費用の比較をすることです。

 

あなたが希望する同じ条件で複数の税理士から料金の見積りを取り、一番安いところに決めればかなり税理士報酬を削減できます。

 

税理士と言えどもサービス業です。
あなたが取引業者に行っているように、見積りを取って条件の良いところを選ぶだけです。

 

ただ、ネット上から税理士のホームページを見てもよくわかりません。
料金表はどこもいかにも安く見えるように作られているからです。

 

しかし、契約してみたら、含まれると思っていたサービスがオプション扱いだったりして、オプションを積み上げることで結局は相場料金かそれ以上になることがあります。

 

では、どうすれば信頼できてお値打ちな税理士を見つけることができるかですが、
おすすめは前述した税理士紹介サービスを利用することです。

 

そこを利用すれば、簡単に複数の税理士から見積りを貰うことができます。
断るときも、その税理士サービスが代行してくれるので心を痛めることもありません。

 

希望する条件の税理士が見つかるまで何人でも無料で紹介してくれます。

税理士報酬を安くする記帳ツール

記帳などは、今は記帳ツールの優れものが開発されているので、それを使用することで大幅に税理士報酬を抑えられるはずです。

 

会計ソフトでデータを共有出来れば毎月の顧問料は必要ありません。

税理士報酬 値引き

今ならお試しで1ヶ月〜1年無料で使うことができる「弥生会計」 「マネーフォワード クラウド」があります。

 

税理士事務所もほとんどが会計ソフトを導入しているので、同じ会計ソフトを使用していれば簡単にデーターを共有することができます。

税理士報酬は料金の安さだけで選んでもOK!

経営相談、経営コンサルを求めないのなら、料金だけで税理士を選べば十分です。

 

決算申告などは、どの税理士にお願いしても変わりはありません。

 

現実問題として、多くの税理士は経営相談に乗ることを避けています。
なかには、売上については税理士は触ってはいけないと考えている人もいます。

 

それは税理士が経営コンサルの勉強をしていないからです。
税理士の国家試験の科目には経営コンサルの科目は入っていません。

 

経営コンサルタントの資格として国が認めている唯一の国家資格である中小企業診断士の資格がありますが、
中小企業診断士は、合格するまでには最低でも1000時間の勉強が必要と言われている難関の資格です。

 

持っている税理士もいますが、数は少ないです。

 

経営コンサルができる税理士は、業界内で3%しかいないと言われています。

税理士報酬を安くしてもらう悩みはそれぞれ

税理士報酬をもっと安くしたい、税理士を変更したいと思っていても、

  • どの税理士がいいかわからない。
  • そもそも税理士が必要か見直したい
  • 税理士報酬を安くしたいけれど相場がわからない
  • 相談しやすい同年代の税理士が見つからない

など、、それぞれ悩みも色々です。

 

現状の業務のままで、税理士報酬を安くしたいのか、会計ソフトを導入することで安くしたいのか、
また、毎月の訪問回数を減らしたり、ZOOMなどのやり取りに切り替えることで、費用を抑えたいのかそれぞれだと思います。

 

まず、税理士報酬を安くしたい方は、記帳の丸投げ、毎月の訪問相談などを見直すだけで安くなります。

 

今の税理士と意思疎通ができているのなら、現在抱えている悩みをそのまま伝えればよいと思いますが、
もし、そうでないのなら今の税理士を変えるタイミングかもわかりません。

 

そんな税理士変更をお考えの方も税理士紹介サービスはおすすめです。