税理士ドットコムの評判や口コミの最新情報を紹介

税理士ドットコム評判

税理士紹介サービスの利用を検討していると、よく見かけるのが「税理士ドットコム」です。

 

税理士ドットコムは、実際どんなサービスで、評判や口コミは、どうなんだろう?
とか料金、手数料なども気になりますよね。

 

そんなあなたの疑問に最新情報ですべてお答えします。
この記事を読むことで次のことがわかります。f

  • 実際に利用したユーザーのリアルな評判・口コミ、体験談
  • 税理士ドットコムの料金・手数料、サービス内容
  • 税理士ドットコムを利用するメリット、デメリット
  • 税理士顧問料で損をしない4つの秘訣

税理ドットコムは、会社を経営している人だけじゃなくて、個人の相談にも乗ってもらえます。

 

また、今の税理士から変更を考えている場合や、今まで相談したことのある税理士には情報を知られないよう、それに該当する税理士を交渉対象から外す気配りもしてもらえます。

 

税理ドットコムは、税理士の紹介だけでなく顧客のためになる情報提供を積極的に公開しています。
次に紹介する情報も個人情報を入力しなくても【税理士探しのお役立ち知識】から直接入手することができます。

 

こんなサービスなどが税理士ドットコムの評判に繋がっていると思われます。

 

◆税理士費用の相場◆

・決算申告の税理士費用 ・確定申告の税理士費用 ・記帳代行の費用
・資金調達の税理士費用 ・会社設立の税理士費用 ・税務調査の税理士立ち合い費用
・相続税の税理士費用

◆税理士の選び方◆

・資金調達に強い税理士の選び方 ・顧問税理士の選び方 ・相続税に強い税理の選び方

◆他◆

・節税に強い税理とは ・税理士を変更するタイミング ・会社設立の流れ
・個人事業主の消費税申告 ・仮想通貨の税金

より詳しく税理士ドットコムの評判を知りたい方には体験談が参考になるのではないでしょうか。
5人の税理士を紹介してもらった体験談も紹介しています。

 

気になる料金・手数料やサービス内容についても利用者、税理士の双方の立場から詳しく説明。

 

あと、ネット上では税理士ドットコム違法と表示されることがあるんですよね。

 

これについても解説しているので、これから税理士ドットコムを利用しようと思っている方は参考にしてみてください。

 

また、税理士ドットコムは、税理士顧問料で損をしない4つの秘訣も紹介しています。
こんな痒い所に手が届く情報を提供していることも税理士ドットコムの評判が高い理由でしょうね。

このページの目次

税理士ドットコム 評判・口コミ

税理士ドットコム評判:良くない口コミ

税理士ドットコムの良くない評判・口コミはありますが、見つけるのに苦労するくらい少ないです。

顧問契約料は安いけれど、毎月訪問もして経営アドバイスもくれるという話しだったのですが、
いざ、契約したら訪問頻度も経営アドバイスも聞いていた内容より、とても少なかったので1年で解約して、
また、別の税理士さんを紹介してもらいました。

値段だけで頼んでしまったけれど、安い分だけ自分で作業する量が増えてしまった。

多くの税理士が紹介してもらえると聞いていたが、私が紹介してもらえたのは3人だけでした。

税理士ドットコム評判:良い口コミ

6名の税理士を紹介してもらって、5名の税理士から見積書をもらいました。
私が納得いくまで説明を聞きたい性格なので、人数が多くなったのですが、
そのおかげで、金額は希望していたよりもかなり安くお願いすることができました。

何名の税理士を紹介してもらっても無料なので、6名の税理士と面談しました。
かなり安い金額を提示してくれる税理士もいたのですが、
お話しして信頼できると感じた税理士に適正価格でお願いしました。

父が他界して、しばらくは昔からお世話になっていた税理士さんにお願いしていたのですが、
依頼した業務には問題はなかったのですが、クラウド会計ソフトに対応されていなかったので、
私と年代も近くクラウド会計ソフトに対応している税理士さんを紹介してもらい、契約しました。
情報共有もスムーズで、顧問報酬料も毎月3万円も安くなったのでとても良かったです。

税理士ドットコムの紹介と、自分でネットで探した先生と何名かお会いしました。
最終的に税理士ドットコム紹介の先生に決めたのですが、
会社の成長に合わせて料金設定してもらえたのと、税理士以外に社労士の資格もお持ちだったので、ワンストップでおまかせできることが決め手になりました。

父親が他界したので、昔からお世話になっていた税理士に相続税の申告をお願いしたのですが、何ヶ月経っても対応してもらえず、申告期限が迫ってきたので、やむなく税理士ドットコムに相談しました。
すると、相談したその日のうちに相続税の経験豊富な先生を紹介してもらえ、とても助かりました。

整体院を新規開業し、現場と経理の負担が大きく売上管理もできる税理士を探していたのですが、税理士ドットコムで、売上管理もまかせられ、料金面も条件に合う先生を探してもらうことができました。

良くない評判・口コミの人は、事前の打合せが足りなかった可能性があります。

  • 安さだけを求める時には、しっかり業務内容の確認をしておく。

    (契約後、手を抜く税理士もいるので口頭の約束ではなく書面に残しておくことが大事です。)

  • 税理士が少ない地域は、オンラインでの税理士紹介も頼んでみる。

など、事前に詰めておけばよかったという事例が散見されます。

 

税理士の中には、相場より安い価格で業務を引き受けておいて、手抜きをする税理士もいるようなので、そこは業務内容をきちんと文書化しておいて、契約期間も1年更新ではなく、初めの3ヶ月間は見習い期間を設けるのも後で後悔しない一つの方法ですね。

 

ミスマッチがあった場合は、断りなど言いづらいことはコーディネーターが行ってくれるので、
ニーズと合わないようであれば遠慮せずに断るようにしましょう。

 

紹介に回数制限はないので、コーディネーターに再度要望を伝えて税理士を選定しなおすことができます。

税理士ドットコム 評判が高い理由

税理士ドットコム評判

税理士ドットコムの評判が高いのは、コーディネーターがベテラン揃いなことと、他の税理士紹介サイトには無い、独自サービスが充実していることがあげられます。

相談のガイドラインがわかりやすい

相談をするときに、条件面で言い忘れたことがあってはいけないとか、
何をお願いしたらいいかわからないということがあります。

 

特に税理士を初めて探すという方には、かなりのプレッシャーがあります。

 

しかし、税理士ドットコムでは、相談のガイドラインがわかりやすく提示されているので、
初めての方でも、条件の伝え漏れがないように心くばりがされています。

 

下記のようなガイドラインが示されているので、例えばあなたが飲食業で顧問税理士を探しているとしたら、
提示されているガイドラインから条件を拾い出し組み合わせるだけです。

◆相談内容例◆
飲食店を経営していて顧問税理士を探しています。
会計ソフトは弥生会計を使っています。
確定申告や決算のみを頼みたいと思っています。
自宅やお店から近く、平日夜、土日対応も可能で親身な対応をしてくれる若手税理士を探しています。

税理士ドットコム相談ガイドライン

◆お願いしたい依頼内容◆

・顧問税理士 ・確定申告 ・相続税申告 ・会社設立
・創業支援 ・税務調査 ・節税相談 ・資金繰り
・補助金、助成金 ・事業継承 ・月次決算 ・記帳代行
・給与計算 ・年末調整

◆事業形態・業種◆

・IT ・不動産 ・建設 ・飲食店
・医療法人 ・美容、サロン ・海外取引 ・社団法人
・金融 ・医業 ・フリーランス ・EC

◆対応している会計ソフト◆

・PCA ・freee ・MFクラウド ・弥生会計
・ミロク ・JDL ・財務応援 ・FX
・勘定奉行 ・フリーウェイ ・エクセル

◆価格、契約内容◆

・低価格な月額顧問 ・記帳まで丸投げ ・毎月の訪問相談あり ・訪問不要の低価格プランあり
・確定申告や決算のみ

◆事務所の場所、特徴◆

・自宅や事務所、会社から近い ・大きい事務所、税理士法人 ・平日夜、土日対応可能 ・電話、skypeでの対応可能

◆ひとがら◆

・レスポンスが早い ・親身な対応 ・若手税理士 ・女性税理士
・経験豊富なベテラン税理士

もし、漏れがあったとしてもベテランのコーディネーターがフォローしてくれるので安心です。

コーディネーターが優秀、ベテラン揃い

税理士紹介サイトの良し悪しは、コーディネータにで決まると言っても過言ではありません。

 

業界に関する知識、情報が乏しい急ごしらえの税理士紹介サイトのコーディネーターに当たってしまうと、
目的にあった税理士を紹介してもらえないばかりか、トラブルにも繋がってしまうケースもあります。

 

その点、税理士ドットコムのコーディネーターは、経験豊富で知識も十分なので、丁寧に要望をヒアリングして、その要望に応えられる税理士の選定をきちんとしてくれます。

 

些細な疑問や小さな悩みごとも相談しやすい環境をつくってくれます。

 

現在契約している税理士からの変更を考えていたり、今まで相談したことのある税理士と重複したくないなど、その旨を伝えれば、
該当税理士を交渉対象から外し、その他の税理士事務所に個別で条件交渉を行ってくれる心くばりができます。

 

当然ですが、税理士紹介との面談が確定するまでは、依頼主・税理士の双方にお互いを特定できる情報を漏らすことはありません。

登録している税理士全員を確認することができる

例えば、他の税理士紹介サイトでは登録の税理士は人数の紹介のみで、氏名・住所などは公表していません。
(登録している税理士の人数さえも公開していないところがあったり、勝手に名前を掲載している悪質業者もいます)

 

税理士ドットコムは登録税理士を全員公開しているだけでなく、税理士へのインタビューも公開していて、税務相談も無料で受け付けているのです。

 

下表のリンク先は、個人情報の入力なしで直接検索することができます。
どうぞ、確認してみてください。

税理士検索

税理士ドットコムは、地域、業種、依頼内容から税理士を検索することができます。
事務所情報や料金・事例、地図も確認することができます。
>> 税理士検索

税理士インタビュー

もっと深く税理士を知りたい方に税理士インタビューも紹介されています。
>> 税理士インタビュー

税務相談サービス 無料

相談料は無料ですが、相談内容は公開され誰でもが閲覧することができます。
他の人の相談も検索可能です。
>> みんなの税務相談

税務相談サービス 有料

相談内容は非公開なので、他の人に見られることがないので、具体的な相談ができます。
1週間の間に4回までやり取りができます。
>> クラウド税務相談

税理士と契約後もサポートが充実

税理士ドットコムは、税理士を紹介して契約が成立したら、それでサポートが終わるわけではありません。

 

契約後も、税理士に相談できない困りごとが発生すれば、連絡をすることでコーディネーターが丁寧にサポートしてくれます。

 

他の税理士紹介サービスが、契約したらサポートが終わるのとは違って、契約者の身になってとても誠実に丁寧に対応してもらえます。

 

これらのサービスは、他の税理士紹介サイトにはありません。
税理士ドットコムだけのサービスです。

 

税理士ドットコムの顧客重視の企業姿勢、無料サービスが充実していることが税理士ドットコムの評判に繋がっているのではないでしょうか。

 

税理士ドットコムは2022年8月現在、利用実績NO.1の税理士サービスです。

税理士ドットコムの評判

税理士ドットコム 評判・口コミを客観的に評価!

ここでは、税理士ドットコムの悪い評判、口コミ、良い評判、口コミなど紹介していますが、評判はどうしても主観的な評価になりがちです。

 

主観的ではなく、客観的に数字で評判がわかるとわかりやすいですよね?

 

そんな心の中を見透かしたように、税理士ドットコムの評判を客観的に評価する数字が発表されています。

税理士ドットコム 評判

あなたがこのサイトに訪れた今日現在で、この数字より税理士の登録数が減り、相談件数が伸びていなければ税理士ドットコムの評判は良くないと思っていいでしょう。

 

しかし、逆に増えているようであれば税理士ドットコムの評判は以前にも増して評判が良いと客観的に評価されたと証明されたことになるのではないでしょうか。

【これまでの推移】

年月日 2022年4月14日現在 2022年6月 8日現在 2022年7月7日現在
登録税理士数 6,167人 6,231人 6,263人
相談件数 191,558件 198,156件 202,304件

数多い税理士紹介サービスの中で、断トツの税理士登録数と相談件数です。

 

税理士ドットコムは、日本最大級の税理士紹介サービスであることは間違いありませんが、
税理士の登録数、相談件数の増え具合からみても税理士ドットコムの評判が良いということです。

 

評判が悪ければ、税理士の登録数も増えないだろうし(評判が悪ければ税理士は離れていきます。)
相談者からも評判が良いので相談件数も増えているという証明でもあります。

 

これは、ネット上の情報に左右されることなく、税理士ドットコムの評判を客観的に評価できる判断材料ですね。

 

最新の税理士ドットコムの税理士登録数、相談件数はコチラから確認できます。

税理士ドットコムの評判

断ったあとの勧誘の電話やメールが心配?

税理士ドットコム評判

 

無料で相続税や確定申告、会社設立の一時的なものから、会社との継続的な顧問契約など様々な要望に応えてくれる税理士を紹介する税理士ドットコムは、とても頼りになります。

 

でも、いくら無料とはいえ、税理士を紹介してもらっても決めなかったりしたら追加料金がかかったりとか、後からしつこく勧誘の電話やメールが来たりとか心配になりますよね?

 

税理士ドットコムは、紹介してもらった税理士を全部断って、結局契約しなかった場合でも、しつこく勧誘の電話やメールが来ることはありません。

 

ですので、条件にあった税理士が見つからなくても、後のしつこい勧誘を心配する必要はありません。

税理士ドットコム 税理士の評判

税理士ドットコムは依頼者からの評判は良いのですが、税理士からは紹介手数料が高いとかマイナーな口コミはチラホラと見かけます。

 

しかし、税理士ドットコムは調べて見ると、税理士の登録費用は全くの無料で、毎月広告掲載料のよう会費を取られることなく、費用が発生するのは依頼人と契約が発生した時だけです。

 

自分では探せない新しい顧客を探してくれることを考えたら、仕方がないことだと思うのですが。

 

それが嫌なら税理士ドットコムに登録しなければいいのですから。
自分で登録しておきながら不満を言うのは良くないですよね。

税理士ドットコム 体験談

税理士ドットコム体験談

 

まずですが、税理士ドットコムは、初めの個人情報入力でクレジットカードを入力する必要はありません。

 

何人の税理士を紹介してもらっても、費用は1円も発生しません。

 

税理士が決まってからも税理士ドットコムに手数料とかを支払うことはありません。

 

本当に、無料でサービスを受けることが出来るのです。

 

では、どうして税理士ドットコムが運営できるのかですが、前述したように運営費用は、契約が決まった税理士から手数料が支払われます。

 

では、その分税理士との顧問手数料が高くなるのでは心配になると思います。

 

まったく、その心配は無いとはいえませんが、税理士の相場も公表されているし、複数の税理士から相見積もりを取ることで競争原理も働き高くなる可能性は低いと言えます。

 

実際に、税理士ドットコムを利用した人の71%が税理士顧問料が下がったという実績があります。

 

私もその内の一人で、年額20数万円節約することができました。

 

税理士ドットコムでは、プロのコーディネーターがいて費用や条件の交渉も依頼人に替わって行ってくれるので、気まずい思いをすることはありません。

 

断る時もコーディネーターがしてくれます。

 

税理士紹介サービスは国内に約100社ぐらいありますが、私が税理士ドットコムを選んだのは国内最大手だからです。

 

税理士紹介サービスの一部を紹介します。

(サイト名をクリックすると公式サイトに移動します。)

サイト名

相談件数

紹介実績

税理士

運営期間

税理士ドットコム 記載なし 20万9千件以上 6,300名以上 16年
税理士紹介エージェント 記載なし 記載なし 記載なし 14年
ベンチャーライフ 記載なし 2,000件以上/年 記載なし 記載なし
ミツモア 5万件以上 記載なし 記載なし 記載なし
日本税理士紹介ネットワーク 記載なし 記載なし 記載なし 記載なし

【関連記事】税理士紹介サイトおすすめ評判、比較!20サイトを4項目で検証

 

登録税理士数もダントツに多いし、実際に契約が成立した件数も他と比べるとダントツです。

 

東証グロースの上場企業ということも信頼がおけました。

税理士ドットコム申込みの流れ

朝、8時頃に税理士ドットコムのホームページからメールで条件を簡単に入力してメールしました。

税理士ドットコム申込

  • 個人/法人
  • 氏名
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 都道府県

最初の入力はこれだけです。

 

するとすぐに、入力したメールアドレスに新規会員登録用のURLがメールで届きます。

 

そこに、必要な情報を入力すれば会員登録完了です。

 

それから約2時間後の10時頃には、もう税理士ドットコムのコーディネーターから携帯に、電話が入りました。

 

そこで、もう一度詳しくコーディネーターに要望を説明します。

 

さすがプロのコーディネーターです。
ヒアリングの精度がかなり高く、要望もこちらが気が付いていないことなど細かいニーズも拾い上げてくれます。

 

私の場合は、費用が下がれば嬉しいことはもちろんですが、それよりも経営的な適確なアドバイスが欲しいと思っていたので、その旨を伝えました。

 

気になる費用の相場も親切に教えてくれます。

 

すると、びっくりですがその日の午後には、もう5名の税理士をメールで紹介してもらえたのです。

 

メールには、「税理士の名前と住所、ホームページアドレス」「顧問料金の値段」「これまでの実績」「税理士の一言コメント」などが書かれています。

 

ホームページアドレスからさらに、税理士の顔写真や場所を確認します。

 

面談日の候補日と、面談場所を伝えると日程をコーディネーターがセッティングしてくれます。

 

やり取りは何回かあるのですが、深夜にメールしても翌朝には返信が返ってくるぐらい対応が超早いです。

 

急いでいる人には、とても嬉しいサービスだと思います。

税理士ドットコム評判

税理士との面談に準備すること

  • 税理士を依頼したい理由・内容・予算・期間
  • 定款、謄本(法人の場合のみ)
  • 過去3期分程度の決算書、申告書、伝票

資料を何も準備しなくても、それでもいいのですが、資料があることで、こちらの概要を把握してもらえ、顧問料の基準となる売上高の確認や、資金調達の相談も可能になります。

5人の紹介税理士と面談しました

税理士ドットコム評判

面談場所は会社でも喫茶店でもどこでもいいのですが、私は全員相手の事務所にしました。

 

やはり事務所にこちらから出向くことで、事務所の雰囲気やスタッフの人柄などが良くわかると思ったからです。

 

面談にはコーディネーターは立ち会いませんが、面談後に連絡を入れます。

 

全員の面談が終わるまでは感想程度でOKです。

税理士1人目

いかにも税理士という風貌の人で、スーツもビシッと着こなし、仕事が出来そうな感じでした。
全国に事務所を構える大きな会社の経営者でした。
質問にもソツなく応えてもらえ、とても好感をモテたのですが、担当はどうやら別な人になるということだったので、少し考える余地ありでした。

税理士2人目

1人目がよかったからか、2人目は見た目からガッカリです。
土曜日に面談したのですが、事務所には誰もいなく何か面倒くさそうな感じで応対している印象を受けました。
話しはテキパキとしているのですが、持参した仕訳帳や決算書を見ても感想やアドバイスは何もなく、
何か上から目線を感じて、これでは信頼関係を築けないと思い早々と面談を切り上げました。

税理士3人目

個人事務所の税理士でしたが、事務所はこじんまりしているのですが、きちんと整理されていて綺麗でした。
初めに趣味や雑談などをして、こちらの緊張している気分をほぐしてくれる気遣いがあり、リラックスして色々相談することができました。
税務、節税についてもしっかりアドバイスが貰え、私のビジネスの業界のことにも詳しく、
仕訳帳や決算書に目を通して、こちらに質問をし確認しながら資産運用の方法まで教えてもらえました。
かなり信頼できる税理士と感じたのですが、まだ2人の面談が残っているので結論は出しません。

税理士4人目

とても誠実そうな年配の方でした。
私の業界のことには、あまり詳しくなかったのですが、それでも仕訳帳や決算書を見ながら、無料相談にもかかわらず、とても丁寧にアドバイスをしてもらいました。
印象はとても良かったです。

税理士5人目

とても忙しそうな雰囲気で、落ち着いて相談することができませんでした。
第一印象から、良くなかったのですが、こちらからの要望を一通り聞いた後、
「他に何か聞くことはありますか?」という感じで、アドバイスも何もなく、「もう契約するよネ」という雰囲気です。
動きもあわただしくせわしかったです。
なんだか急かされているようで印象が悪かったです。

5人の税理士と面談して、私は3番目に面談した税理士に決めたのですが、コーディネーターに「この人に決めました」とメールで伝えるだけです。

 

税理士ドットコムのやり取りは、これだけでです。
書面のやり取りなども一切なく、別途料金を請求されることもありません。

 

後は決めた税理士から連絡が来るので、税理士とのやり取りになります。。

 

他の4人の税理士への断りもコーディネーターがやってくれます。

税理士ドットコム 手数料

税理士ドットコムは、自分の業種に詳しい税理士や、予算に合った税理士を探すことができますが、
何人の税理士を紹介してもらっても手数料はかかりません。

 

紹介に関わる諸費用は、契約が成立した税理士から支払われるからです。

 

そもそも、「税理士が必要か?」「税理士に頼むといくらかかるのか?」などの素朴な疑問も遠慮なく無料相談することができます。

 

「確定申告がよくわからない!」という方も、とりあえず無料相談してみるといいでしょう。

税理士ドットコムの料金

税理士ドットコム評判

税理士ドットコムは利用者に税理士を無料で紹介してくれます。

 

税理士も税理士ドットコムの登録料は無料で、毎月経費がかかることは一切なく無料です。

 

つまり、利用者も税理士も無料で利用できるのが税理士ドットコムなのです。

 

では、どのようにして税理士ドットコムの売上が発生するのかというと、利用者と税理士が契約を成約した時です。

 

このときに、税理士から税理士ドットコムに紹介料が払われる事でビジネスが成り立っているのです。

 

つまり、税理士ドットコムは利用者と税理士が契約を結ばないとビジネスが成り立たないのです。

 

ですので、税理士ドットコムは利用者に契約をしてもらおうと、利用者の希望、要望、悩みを細かく聴きとり、それに応えることができる税理士を一生懸命探してくれるのです。

税理士ドットコム紹介の税理士費用は高くなる?

税理士も毎月の税理士ドットコムの会員登録費用はかからないのですが、契約が成立したら税理士ドットコムに支払う費用はかなり高いです。

税理士の手数料

■顧問契約の場合

  •  1回支払い:年間報酬額の72%
  •  2回支払い:年間報酬額の75%
  • 12回支払い:年間報酬額の76.68%

■スポット契約の場合

  • 1回だけの利用報酬総額の30%(確定申告や決算、相続税など)

    (転職支援の転職エージェントは、利用者の転職が決まれば、企業は転職エージェントに年収の30%~35%を報酬として支払います。
    ビジネスモデルとしては業界の相場と言えるでしょう。)

かなり高額ですよね。

 

でも、これで税理士も初年度で利用者との契約が解約されないように一生懸命に利用者の要望に応えようと頑張ってくれるのです。

 

このしくみが出来上がっているので、税理士ドットコムの評判に悪い口コミが少ないのではないでしょうか。

 

この手数料が上乗せられて顧問料が高くなるのでは?
と心配になりますが、その心配はいらないでしょう。

 

基本の税理士報酬などはネット上に溢れています。
それらと比較して大幅に高い時には確認する必要がありますが、

 

実際に税理士ドットコムを利用した人の71.4%の人が税理士の報酬を下げることができています。

 

このブログでも「税理士の目安顧問料」を載せています。

 

ただし、中には初めは調子の良いことを言っておいて、契約を交わしたら手の平を返すところまではいかないまでも、業務が怠慢な税理士もいるようです。

 

たちが悪い税理士に当たってしまうと悲惨です。

 

そんなことが無いように、不安を感じたらいきなり年間顧問契約を結ぶのではなく、最初は仮契約で3ヶ月ぐらい様子を見ておいて信頼できると確信してから本契約を結ぶのも一つのリスク回避の方法です。

直接税理士とやり取りした方が安くなる?

税理士と直接やり取りしても、税理士ドットコムを通じた場合でも費用に違いはありません。
心配な場合は、その税理士のホームページに掲載されている価格表と比べることで納得してもらえると思います。

税理士ドットコム デメリット

国内すべての税理士が登録しているわけではない

業界内では最多の税理士の登録数なのですが、それでも近隣の最適な税理士が登録されていないケースも考えられます。

 

地域によっては地元の税理士が少ないこともあって、近いという条件の中では紹介してもらえる人数が少ない事もあります。

 

依頼を検討している税理士が他にいる場合、自身で問い合わせを行う必要があります。

 

でも、地元の税理士は所轄の税務署とナアナアの仲で節税できる経費も認めないで税金を多く払わされるからと、わざわざ地元以外の税理士を選ぶ人もいます。

 

今ならリモートワークでやり取りができるし会計ソフト使っていれば、会計ソフトによって顧問契約料を安くしてくれる税理士事務所もあるので、地域に囚われる必要もないかもわかりません。
(税務調査は入った時には、遠くであっても対応にかけつけてくれます。)

 

どうしても近隣の税理士をお探しなら、グーグルマップなどで近隣の税理士事務所を調べてみましょう。

コーディネーターに税務相談はできない

コーディネーターは税理士ではないので税務の相談をすることはできません。
税理士の資格を持たない人が税務相談をすると違法行為になるからです。

 

税務相談は面談をした税理士に直接確認することになります。
面談の場で、詳しく聞きます。

 

聞きづらいことは、コーディネーターを通して聞くこともできるし、ニーズと合わなければ遠慮しないで断ることもできます。

 

希望に沿わない場合は、コーディネーターに要望を伝えて再度税理士を選定してもらえます。

税理士ドットコムの評判

税理士ドットコム メリット

信頼、実績があり、登録税理士が多い

上場企業が運営し運営経歴も15年以上と長いことから、認知度も高くいい税理士が集まっています。

 

税理士にも専門があります。

 

医者は外科、内科、耳鼻科、歯医者など専門がわかりやすくなっているので、耳鼻科に内科の診断をお願いする人はいないと思いますが、

 

税理士にも、法人をメインでやっている人、個人事業主、中小企業がメインの人、いろいろです。

 

多いのが「相続は全くわからない」と言う税理士です。
資産税専門の税理士は、決算申告のやり方なんてもう覚えていない。という人もいます。

 

税理士ドットコムなら、業界最多の登録税理士の中から、あなたが希望する業務に適した税理士を複数探し出すことが可能です。

 

登録税理士が多いこともあって、依頼者の中には20名の税理士を無料で紹介してもらったという強者もいます。

 

地方だとどうしても税理士数が少なくなりますが、
その場合でも登録税理士数が多い税理士ドットコムは選ぶ選択肢が他と比べても有利に働きます。

税理士の紹介スピードが速い

インターネット検索を利用して独力で税理士を探したり、セミナーや金融機関などで税理士の紹介を受けたりしたとしても、手間や時間などを考えると、検討することができる税理士の数は限られます。

 

ましてや、料金などの見積りを取って比較しようとすれば、なおさら範囲は限定されてきます。

 

しかし、税理士ドットコムなら登録している6,200名以上の税理士の中から、
早ければ、相談した当日、通常であれば1営業日程度で見積りを取ってくれるので、それらを比較検討して希望する税理士を迅速に選ぶことができます。

コーディネーターが優秀

運用経歴が長いことから、コーディネーターのノウハウも蓄積され、経験・実績をもとに第三者目線で適確なアドバイスをしてくれます。

 

税理士との面談設定、依頼内容の調整など細かいやりとりも任せられます。

 

直接、話しづらい料金交渉や、断りもコーディネーターにお願いすることができます。

 

紹介料は完全無料で、回数制限や人数制限もないので、何人でも何回でも紹介してくれます。

決算だけお願いできる

伝票や領収書が取ってあれば決算だけでも大丈夫です。

全部丸投げしても大丈夫

税理士によっては、「入力だけ自分でして下さい。」という人もいますが、
全部丸投げでも任せられる人を紹介してもらえます。

規模が小さくても紹介してもらえる

規模の大小にかかわらず、個人の白色・青色申告の方、法人の方、相続のことなど適切な税理士を紹介して貰えます。

格安税理士を紹介してもらえる

格安税理士は、会社への訪問が一切なく、相談したら別料金というところが多いです。
安いからと契約したらミスも多く対応が悪く、税理士を変更したいという問い合わせも多いようです。
格安税理士と契約するときは、「事務処理だけしてくれればいい」と割り切れば問題はないかもわかりません。

顧問料金が下がった事例

税理士ドットコムを利用する人は、税理士の顧問料金を下げたいという相談が多いです。

 

税理士ドットコムは料金引き下げの実績がかなり評判になっていて、
中には年間40万円以上の報酬引き下げができた実績もあります。

 

低価格な月額顧問料や、訪問は無くてもいいから低価格料金にして欲しい、とか確定申告や決算だけの依頼で料金を安く済ませたいという人の相談が多いです。

 

相談は無料でできるので、話だけでも聞いてみてはいかがでしょうか?

税理士ドットコムの評判、口コミ、料金、手数料

実際に税理士ドットコムでは、料金引き下げの実績が多数あり、利用した人の71.4%もの人が、税理士料金を下げることができています。

 

料金についての交渉も税理士ドットコムのコーディネーターが、複数の税理士から見積りをとりサポートしてくれるので心強いです。

 

断るときもコーディネーターが代わりにしてくれるので、相談者が気まずい思いをすることはありません。

税理士ドットコム評判

税理士ドットコム評判

税理士ドットコム評判

報酬削減

税理士ドットコムは違法?

税理士ドットコムの行為は違法という心ない声がネット上で見かけることがありますが、まったくのデマです。

 

窓口である税理士の資格を持たないコーディネーターが税に関するアドバイスをすることは違法ですが、
コーディネーターは、第三者目線で税理士との面談設定、依頼内容の調整など細かいやりとりなど、適確なアドバイスをしてくれますが、
税務相談は面談をした税理士に直接確認することになります。

税理士顧問料で損をしない4つの秘訣

税理士費用を安く抑えるには、以下の4つのポイントを参照にして適切な金額を見極めてください。

 

1.依頼内容を明確にする
税理士とのトラブルで最も多いのが、面談時の見積もりから大幅に金額が増えた、というものです。

 

この原因は、事前に伝えていた内容よりも、実際に依頼する業務が多かったことで起こるトラブルです。

 

明確な依頼内容のほか、年間売上や領収書の枚数、従業員数などの情報を正確に伝えることでトラブルは防ぐことができます。

 

2.報酬の内訳を確認する
税理士との契約では、費用が年額や月額で提示されます。
提示された金額の中に、決算申告料や記帳代行料などは含まれているのかなど、内訳を確認しましょう。

 

融資や補助金・助成金申請などの資金調達や税務調査の立ち会いなどは、追加料金が発生するケースが多いです。

 

発生する可能性がある事例なども、顧問料に含まれているかいないかなど、事前に確認しておきましょう。

 

3.複数の税理士と面談する
料金は同じでも、対応できる業務は税理士によって異なります。
また、人としての相性も重大な要素になります。

 

複数の税理士から見積りを取り、話しやすいかどうかなど相性も合わせて比較検討しましょう。

 

4.値段を交渉する
複数の税理士から見積りを取ることで、おおよその報酬相場が把握できます。

 

報酬額が高いと感じたら、報酬を見直せないか交渉してみましょう。
意外と交渉の成果がでるものです。

税理士ドットコム会社概要

会社名 弁護士ドットコム 株式会社
代表取締役社長 内田陽介
所在地 本社

〒106-0032
東京都港区六本木四丁目1番4号 黒崎ビル6階

 

大阪支社
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満二丁目6番8号 堂島ビルヂング4階

 

福岡支社
〒810-0073
福岡県福岡市中央区舞鶴一丁目8番33号 長谷工天神ビル5階

設立 2005年7月4日
資本金 439百万円(2021年1月現在)
従業員数 207名
上場 2014年12月東京証券取引所グロース市場