税理士を雇うタイミング!税理士を雇う費用!国税庁調査からわかります

税理士を雇うタイミング

ここでは、税理士を雇うタイミング、税理士を雇う費用について国税庁調査をもとに詳しく説明しています。

 

税理士を雇うタイミングでは、4つのパターンを紹介。
あなたが、この4つのパターンの内一つでも当てはまったら、税理士を雇うタイミングに来ているかもしれません。

税理士を雇うタイミング

売上が1、000万円を超える時

売上が1,000万円を超えると、2年後から「消費税の課税業者」となります。

 

消費税の支払いをしなければならなくなるのですが、
消費税の計算は、所得税の計算と違い会計処理が複雑です。

 

自分で申告しようとして、「簡易課税制度」の承認を逃してしまったりすると損をする可能性が高いです。

課税所得が330万円を超える時

所得税は所得に応じて税率が上がる累進課税制度なので、
課税所得330万円を超えると、税率が一気に2倍の20%に跳ね上がります。

 

所得税負担が増えるこのタイミングで税理士を雇うことで、適切な節税の提案を受け税金対策することができます。

所得税率

課税所得

所得税率

1,000円〜1,949,000円

5%

1,950,000円〜3,299,000円

10%

3,300,000円〜6,949,000円

20%

6,950,000円〜8,999,000円

23%

9,000,000万円〜17,999,000円

33%

18,000,000円〜39,999,000円

40%

40,000,000円以上

45%

法人税

資本金1億円以下の法人

年800万円以下の部分

15%

年800万円超の部

23.2%

個人から法人になるタイミング

売上が1,000万円を超え消費税の納付が始まる2年後に法人成すれば、
最大4年間、消費税が免除になります。

 

法人になるためには、様々な手続きが必要です。
このタイミングで税理士の手を借りることで、手続きが良く分からないことによる多くの無駄な時間を使うことが避けられます。

 

自分で手続きをすることで事業目的などを間違えると、二度手間三度手間がかかることもあります。
また法人成してからも、

  • 法人税の納税
  • 法人住民税の納税
  • 財務諸表の作成

の手続きも必要で、会計基準も個人事業主の時と違ってかなり複雑になります。

 

一つでも分からない項目があったら、税理士に依頼した方が無難です。

条件変更

平成23年に改正された消費税法で、2年目も消費税が免除されるには条件がつきました。

 

資本金1,000万円未満で、特定期間の課税売上高、給与等支払額の合計額が1,000万円以下の場合が2期目も免税の対象になります。

 

もし、この条件が当てはまらなくても、出資金の一部を資本準備金にしたり、会社の設立日を調整することでクリアすることもできます。

 

また、給与支払額の計算を月末締め翌月払いにしたり、給与の一部を下期の賞与にまわすなりすることで、免税の対象となる方法もあります。

補助金や助成金

法人組織にすることで返済の必要がない補助金や助成金を受け取ることができます。
融資と違い、返済する必要がないお金です。

◆創業時に申請できる主な助成金・補助金

  • 創業支援等事業者補助金
  • 小規模事業者持続化補助金
  • キャリアアップ助成金
  • 地域中小企業応援ファンド【スタート・アップ応援型】

これらのことを考えれば、売上1、000万円超えが見えてきたら税理士を雇い、アドバイスを受けながら法人組織にするのがベストなタイミングだと言えます。

経理担当社員の採用を考え始めた時

ある程度の規模になるまでは、自分で経理をするのも「あり」だと思います。
つまり、お金の流れを理解するまでということです。

 

実務をこなしながら知識がつくので、ある意味一石二鳥です。

 

ある程度、お金の流れが理解できるようになったら、
本業に集中するべく、本業以外の税務処理は経理社員を採用するかプロに任せるのが経営者としての大事な決断でしょう。

 

自社で経理社員を雇う必要が出てきたなと思う頃が、税理士を雇うタイミングと言えます。

 

経理社員を雇うということは大変なことです。
経理社員には会社のお金の流れが一目瞭然にわかってしまいます。

 

社員給料まで任せることになると本当に信頼がおける人材が必要になります。

 

経理知識もあって信頼がおける人材を採用しようと思うとかなり難しいです。
雇った人に経理知識がなければ、教育もしなければなりません。

 

やっと見つけた経理社員ですが、給料の他に社会保険料、労働保険料の負担も会社はしなくてはいけません。

 

また、1日経理社員の仕事があればいいですが、手が空いた時間は何をさせようと考えるぐらいなら税理士を雇いましょう。

 

ここでは、税理士顧問料の相場を載せています。
この税理士費用が経理社員を雇うことにかかる経費よりも安く済むのなら、税理士を雇うタイミングだといえます。

税理士を雇うタイミング:国税庁調査

国税庁が調査した、税理士を雇っている個人事業主と法人の割合です。
◆税理士関与割合 (単位:%)

年度 平成27年度 28年度 29年度 30年度 令和元年度
個人事業主 20.0 20.2 20.2 20.3 20.6
法人 88.4 88.7 88.9 89.1 89.3

*「税理士関与割合」 『国税庁実績評価書』 財務省 より

 

ご覧になってわかるように、国税庁の調査で個人事業主に税理士を雇っている割合は約2割前後です。
約8割の個人事業主の方が税理士を雇っていません。

 

法人は約90%が税理士を雇っています。
つまり、税理士を雇うタイミングは会社を法人組織にした時ということが、国税庁の調査からわかります。

 

しかし、必ずしも個人事業主が事業規模が小さいからといって、税理士が必要ないというわけではありません。

 

費用の面を除けば税理士を雇うメリットは、たくさんあります。

 

将来のことを考え、スポット契約から始めて事業の成長に合わせて、税理士と顧問契約を結ぶという選択肢もあります。

税理士を雇う費用

税理士を雇うとき、(顧問契約を結ぶ時)の費用(報酬)は、各県の税理士会で定められていますが、法律で規定がないので、あくまで目安です。

 

おおむね市場相場よりも高めに金額が提示されています。

 

ここで掲載している税理士を雇った時の費用も、常識的な値段が掲載されているホームページ情報から習得した、あくまでも目安費用です。

 

税理士実態調査、安さや丸投げを求めるのなら、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

税理士を雇う費用:個人事業主

記帳代行は、社内で行えば費用は発生しません。
ここに載せている費用はあくまでも目安です。

 

記帳代行も、振替伝票の枚数により値段が変わります。

年間売上

訪問回数別顧問料

(月額)

記帳代行

(月額)

決算申告

(年額)

年12回 年4回 年2回 年1回
1千万円以下 2万円 1万5千円 1万2千円 1万円 5千円 8万円
3千万円以下 2万5千円 2万円 1万7千円 1万5千円 7千円 10万円
5千万円以下 3万円 2万5千円 2万2千円 2万円 9千円 12万円
7千万円以下 3万5千円 3万円 2万7千円 2万5千円 1万円 13万円
1億円以下 4万円 3万5千円 3万2千円 3万円 1万2千円 15万円
1億円以上

要相談

税理士を雇う費用:法人

年間売上

訪問回数別顧問料

(月額)

記帳代行

(月額)

決算申告

(年額)

年12回 年4回 年2回 年1回
1千万円以下 2万5千円 2万円 1万5千円 1万2千円 5千円 10万円
3千万円以下 3万円 2万5千円 2万円 1万7千円 1万2千円 15万円
5千万円以下 3万5千円 3万円 2万5千円 2万2千円 1万5千円 20万円
7千万円以下 4万円 3万5千円 3万円 2万7千円 1万7千円 25万円
1億円以下 4万5千円 4万円 3万5千円 3万2千円 2万円 30万円
5億円以下 6万円 5万5千円 5万円 4万5千円 3万5千円 35万円
5億円以上

要相談

売上規模が同じでも税理士費用が異なるのは、法人の方が個人事業主よりも税務処理が多いからです。

個人事業主、法人の税務処理概要

個人事業主

法人

対象の税金 所得税・消費税・復興特別支援税 法人税・消費税・都道府県民税・市町村民税・法人事業税
手続き書類

白色申告2種類

青色申告3種類

8種類

税理士を雇うタイミングでない個人事業主

税理士を雇うタイミング

個人事業主の方は、税理士は経費がかかるからいらないと考えている人がほとんどです。

 

しかし、約2割の方が税理士と顧問契約を結んでいます。

 

それは、ただ税務署から税務調査が入った時に困るからだけの理由が多いです。
あ、それと節税対策ですね。

 

でも、税理士が薦める節税対策は会社の資産を減らします。

 

実際のところ税理士は会社の規模にもよりますが会社の売上が1,000万円/年以下ならば、税理士はいらないでしょう。

 

このくらいの規模なら、まず税務調査に入られることもありません。

 

もし、税務調査が入っても意図的な脱税でない限り、経費の解釈の違いぐらいですから、多額の追徴課税になることもありません。

 

税理士を雇っていたら、そちらの経費の方が大きいぐらいでしょう。

 

まして、税理士の顧問料を払ったら会社が赤字になる規模なら尚更です。
個人事業主にとって税理士が必要かどうかについは、目的次第といったところでしょう。

税理士を雇う前に会計ソフトを活用する

確定申告が大変だと言っても、現在は伝票を入力するだけで申告書を作成してくれる優秀な会計ソフトも発売されています。

 

会計ソフトを利用すれば、会計の知識がなくても帳簿の記帳や確定申告を行うことができます。

 

今なら、無料で使える会計シフト、「弥生会計」 「マネーフォワード クラウド」などがあるので、会計ソフトを使いこなせば税理士は必要ないといえるでしょう。

 

わからないことは聞けば親切に教えてくれます。
それでも、わからないことがあったら税務署に聞きに行けば親切に教えてくれますよ。

 

それでなくても、今はネットでググればいくらでも知りたい情報が手に入ります。

 

できれば、経営者もしくは親族の方が簿記を習得するのが一番です。
3級簿記なら、本屋の参考書で十分に勉強できます。

 

分かりやすさで言えば、ユーキャンの「3級簿記講座」ですね。

 

簿記の知識があれば、会計ソフトも楽に使いこなせるし、会社を株式にしても2〜3年は税理士を雇わなくても大丈夫でしょう。

税理士を雇わなかった失敗例

起業したばかりの人は、税理士さんに払うほど収入があるのか心配になり、会計ソフトを使ってわからないことはググって自分で確定申告をする人が多いです。

 

ある程度収入が増えてきても、税理士さんに払うお金をケチって自分で確定申告を続ける人がほとんどです。

 

しかし、素人の経営者が経理をしてもわからないことだらけ。
ググったり、会計ソフトのカスタマーサポートに聞いてもすごく時間がかかります。

 

それで、いよいよ税理士さんを探して依頼すると、収入はうんと増えたのに、税金の支払額が減ったというケースが数多くあります。

 

つまり、今までやってなかったことを、きちんとやっただけで、今まで税理士さんに支払う報酬分を節約したように見えるけど知識も得られない上に、支払った税金も高かったと気づかされるのです。

 

ですので、起業して収入があるなら税理士さんを探しを始めた方がいいかも?

 

会社がある程度の規模になると、せっかく経費で落ちるところ税務知識がないことで経費にならず、余分に税金を払うことになることが出てきます。

 

税法は毎年変更になるので新しい税務知識が必要です。
税務知識がないことで、支払う税金が税理士報酬を上回ることもざらにあります。

 

この節税金額が、会社がある程度の規模になると経費も増える分、節税金額も増えてくるからです。

 

ただ、税理士と契約したからといって、無理な節税を税理士に期待してはいけません。
税理士が良しと思っても税務署が認めなければそれまでです。

 

もし、そうなれば税理士の信用も落ちるので無理な節税を頼もうとすると、冒険はしないで会社の資金を減らす節税を提案してくるからです。

 

たとえば、会社保険、設備投資、新規採用などです。

 

いずれも必要であればいいのですが、ただ何となく税金を減らすためだったら会社の資金を減らすことになります。
それよりも、利益がでたら無理な節税をして資金を減らすよりもきちんと納税をして地域に貢献し資金も蓄えておきましょう。

個人事業主が税理士を雇うとしたら

もし、1,000万円規模の売上で税理士を雇うとしたら、会社を成長させるために営業に専念したい。

 

そのために、税理士の専門知識も活用したいし、記帳も丸投げすることで、会社を伸ばすことに時間を作りたいという方には、規模にかかわらず税理士を雇うことをおすすめします。

 

本当に成功する経営者は、きちんと経理の勉強をしています。

 

会社の規模が大きくなればなるほど、決算書を読み解く力が必要になり、読み解くことでさらに会社の成長を加速させていくのです。

 

業績を向上させるには、自社の決算書を読み解いて経営状況を考察するための知識やスキルを身につける必要があります。

 

税理士を雇えば決算書のどの数字から見れば良いのか、どことどこの項目を比較すれば良いのか、など決算書の見方や、決算書の中で使われている会計用語など、難しいことを分かりやすく説明してもらえます。

税理士を雇うならクラウド会計対応

これから税理士を頼むとしたら旧式の会計事務所ではなく、クラウド会計対応の税理士さん一択です。

 

理由は明確です。

  • 自動化:銀行、カードの売上が自動で仕分けされるので、入力作業や漏れがほぼない。
  • どこからでもアクセス可能:スマホ、PCなどからアクセスできます。

    試算表などもスマホから一瞬で見れる。

  • アクセス権が限定できる:一部アクセス権を渡すことができる。

    自動化で処理できない内容をオンライン秘書に月に数時間の業務を依頼することができる。

税理士報酬の安さに騙されない。

税理士が正しい税務処理、会計処理をしようと思ったら1人で見れる会社数は20社ぐらいが限界です。

 

月額顧問料3万円で20社だと売上ベースで60万円ですが、これでは1人分の給料がやっとです。

 

となると、どうするかというと顧問先にかける時間を減らし1人でこなす顧問先の数を増やすのです。

 

たとえば、税理士の時給単価はほとんど5,000円が相場で、それを下回ることはありません。

 

月額3万円の顧問料だと使える時間は6時間ですが、その時間を5時間4時間に減らし、他の顧問先に使える時間を増やすのです。

 

月に数時間で、何を税理士に期待できると思いますか?
ぜいぜい、会計記帳で手一杯でしょう。

 

税理士がズルイと言っているのではありません。
税理士もあなたと同じ経営者なのです。

 

経営相談、資金繰り、融資相談など税理士に求める要望に応じて、それなりの対価は払う必要があるのです。

 

でないと、結局は税理士は何もしてくれない。
悪い税理士に当たってしまったと後悔することになります。

税理士を雇うメリット

  • 税務調査に入られたときに立ち会ってもらえる
  • 会計・税務をまかせられるので経営に集中できる
  • 経営のアドバイスを受けることができる
  • 税務の最新情報(節税対策・行政支援対策)を知ることができる
  • 金融機関からの信用度が増す
  • 経理社員を雇うよりも安い

税理士を雇うタイミングの探し方

税理士を探す

税理士を変更する

税理士を雇うには、まず税理士探しから始まります。
あるいは、すでに税理士を雇っているけれど変更したいという方も、やはり税理士探しをしなくてはいけません。

 

信頼できる税理士探しなら「税理士ドットコム」をおすすめします。

 

税理士ドットコムは、税理士紹介サービス業界の中で唯一の上場会社が運営していて、登録税理士数、紹介件数、マッチング件数とも業界最多です。

 

あなたの希望する税理士を無料で探してくれます。
あなたが納得できる税理士が見つかるまで何人でも紹介してもらえます。

 

あなたの要望をプロのコーディネーターに伝えるだけです。
あとは、すべてコーディネーターが段取りをしてくれます。

 

面談して希望する条件に合わないときでも、あなたが気まずい思いをして断る必要はありません。

 

後日、連絡するということで税理士ドットコムのコーディネーターが断りの連絡を入れてくれます。

 

大事な税理士の採用です。
納得ができなければ、妥協をしないで、納得するまで面談を繰り返すことをおすすめします。

 

税理士ドットコムは、他と比べて人財が豊富なので、必ずあなたの条件にマッチする税理士が見つかるはずです。

 

報酬削減

 

【関連記事】
税理士紹介サイト20社を比較しました!おすすめ、評判も紹介!

まとめ

あなたの会社に、自社で対応できる知識や自信、マンパワーがあれば税理士は必ずしも必要ではありません。

 

しかし、手間や費用、リスクに対する考え方、会社の成長などトータルで考えた時に、どう判断するかでおのずと結論が出てくるのではないでしょうか?