本ページはプロモーションが含まれています。

税理士費用の実例:業種別業界ごとに異なる実例を紹介

業種別税理士費用の実例

税理士費用は業種の複雑さや専門知識の要求度、リスクや責任の程度、業界の規模と業務量などによって異なるため、自身やビジネスに最適な税理士を見つける際には、業種ごとの報酬実例を把握することが重要です。

 

ここでは、税理士紹介サービス最大手の「税理士ドットコム」が実際に紹介したクライアントの業種別税理士費用の実例をご紹介しています。

 

業種ごとに異なる税理士費用の実態を知ることで、自身やビジネスに最適な税理士を見つける助けとなることでしょう。

 

コンビニ業界から医療業界、小売業から農業まで、幅広い業種の報酬実例を掲載しています。

業種別税理士費用の実例 掲載順

小売業・サービス業グループ

  • コンビニ業界
  • 飲食店
  • パン屋
  • EC事業者
  • IT業界
  • 小売業
  • 美容業
  • 水商売
  • 個人事業主
  • 一人親方
  • せどり・転売
  • ペット関連業
  • 服飾・アパレル業
  • 不動産業
  • ホテル、旅館事業など宿泊業
  • 運輸・物流などの運送業

医療・健康関連業グループ

  • クリニック・医院
  • 動物病院
  • 歯科医院
  • 調剤薬局
  • 整骨院
  • 介護福祉業
  • 太陽光発電事業

専門職業グループ

  • 弁護士・行政書士・社労士・司法書士
  • 漫画家や作家、イラストレーター

教育・学習関連業グループ

  • 学習塾・教育業

法人・非営利法人グループ

  • 社会福祉法人
  • NPO法人
  • 一般社団法人

製造業・建設業グループ

  • 製造業
  • 建設業

保険業グループ

  • 保険業

芸能関連業グループ

  • 芸能関連業

農業グループ

  • 農業

業種ごとの特徴や複雑さ、リスクと責任の度合いなどを考慮しながら、税理士費用がどのように形成されるのかを、より詳しく知りたい方は
直接「税理士ドットコム」に問合せすることで、もっと詳しく確認することができます。

 

それぞれの業種で注目すべきポイントや報酬の適正な範囲についても詳しく教えてもらえます。

業種別税理士費用の実例

業種別税理士費用の実例

小売業・サービス業グループ

コンビニ業界
  • 実例1)個人経営(売上1.5億円):年間顧問料 30万円
  • 実例2)個人経営(売上2億円):年間顧問料 24万円
  • 実例3)法人(売上3億円):年間顧問料 36万円
  • 実例4)法人(売上4億円/2店舗):年間顧問料 30万円
  • 実例5)法人(売上8億円):年間顧問料 62万円
飲食店
  • 実例1)年間顧問料:24万円/フレンチレストラン・個人
  • 実例2)年間顧問料:34万円/定食屋・個人
  • 実例3)年間顧問料 : 18万円/バー・個人
  • 実例4)年間顧問料 : 11万円/日本食・個人
  • 実例5)年間顧問料:24万円/バー・法人
パン屋
  • 実例1)年間顧問料:15万円/個人事業主
  • 実例2)年間顧問料:19万円/個人事業主
  • 実例3)年間顧問料:24万円/個人事業主
  • 実例4)年間顧問料:32万円/個人事業主
  • 実例5)年間顧問料:30万円/法人
  • 実例6)年間顧問料:34万円/法人
EC事業者
  • 実例1)輸入販売・個人(売上1500万円):年間顧問料 18万円
  • 実例2)食品や玩具のAmazon出店・個人(売上2500万円見込):年間顧問料 24万円
  • 実例3)海外雑貨や小物の販売・法人成り(売上3000万円):年間顧問料 28万円
  • 実例4)農水産物のネット販売・法人(売上2000万円):年間顧問料 30万円
  • 実例5)輸入家電の販売・法人(売上1.5億円):年間顧問料 60万円
IT業界
  • 実例1)システム・アプリ開発(個人事業主):年間顧問料 17万円
  • 実例2)アフィリエイト広告運用(個人事業主):年間顧問料 22万4千円
  • 実例3)WEB制作・デザイン(法人成り):年間顧問料 24万円
  • 実例4)WEB広告(法人)WEB制作(個人事業主):年間顧問料 37万円
  • 実例5)システム開発、コンサルティング(法人)年間顧問料 48万円
小売業
  • 実例1)せどり・個人(売上300万円):年間顧問料 12万円
  • 実例2)古物商・個人(売上1000万円見込):年間顧問料 18万円
  • 実例3)自動車販売等・個人(売上2000万円):年間顧問料 25万円
  • 実例4)ECサイト運営・法人成り(売上4000万円):年間顧問料 36万円
  • 実例5)ペットショップ・法人(売上2500万円見込):年間顧問料 30万円
  • 実例6)アパレルショップ・法人(売上6000万円):年間顧問料 48万円
  • 実例7)調剤薬局・法人(売上7000万円):年間顧問料 55万円
  • 実例8)コンビニ経営・法人(売上2.5億円):年間顧問料 28万円
美容業
  • 実例1)美容室:年間顧問料 30万円
  • 実例2)エステサロン:年間顧問料 20万円
  • 実例3)リラクゼーションサロン:年間顧問料 19万円
  • 実例4)ヘアサロン:年間顧問料 15万円
  • 実例5)タイ古式マッサージ:年間顧問料 25万円
水商売
  • 実例1)スナック・個人(売上高3000万円):顧問料 28万円
  • 実例2)ホストクラブ・個人(売上高4000万円):顧問料 40万円
  • 実例3)カラオケパブ・法人(売上高1200万円):顧問料 18万円
  • 実例4)ラウンジ・法人(売上高5000万円):顧問料 48万円
  • 実例5)キャバクラ・バー・法人(売上高5000万円):顧問料 63万円
個人事業主
  • 実例1)小売業:年間顧問料250,000円
  • 実例2)建設業:年間顧問料180,000円
  • 実例3)飲食業:年間顧問料360,000円
一人親方
  • 実例1)鳶職:年間顧問料 12万円
  • 実例2)土木業:年間顧問料 20万円
  • 実例3)建設業:年間顧問料 12万円
せどり・転売
  • 実例1)年間顧問料:120,000円(個人)
  • 実例2)年間顧問料:240,000円(個人)
  • 実例3)年間顧問料:480,000円(法人)
ペット関連業
  • 実例1)ペットホテル・個人(売上300万円):年間顧問料 15万円
  • 実例2)ペットサロン・個人(売上1000万円見込):年間顧問料 18万円
  • 実例3)ペットショップ・法人成り(売上1500万円):年間顧問料 20万円
  • 実例4)ペット用品輸入販売・法人(売上3000万円):年間顧問料 33万円
  • 実例5)ペットショップ・法人2社(売上9000万円):年間顧問料 65万円
服飾・アパレル業
  • 実例1)アパレル販売代行・個人(売上500万円見込):年間顧問料 12万円
  • 実例2)アパレル卸売・個人(売上1200万円見込):年間顧問料 23万円
  • 実例3)服飾デザイン・法人(売上700万円):年間顧問料 14万円
  • 実例4)アパレルパターン製作・法人成り(売上2000万円):年間顧問料 27万円
  • 実例5)アパレルEC販売・法人(売上2000万円):年間顧問料 30万円
  • 実例6)アパレル卸売・法人(売上6000万円見込み):年間顧問料 36.5万円
不動産業
  • 実例1)売上高:1200万円(見込み)/法人
  • 実例2)売上高:3300万円/個人事業主
  • 実例3)売上高:1000万円/法人
ホテル、旅館事業など宿泊業
  • 実例1)ホテル経営:年間顧問料 40万円
  • 実例2)ホテル運営企画業:年間顧問料 90万円
  • 実例3)ホテル経営:年間顧問料 52万円
運輸・物流などの運送業
  • 実例1)年間顧問料:41万円(法人)
  • 実例2)年間顧問料:96万円(法人)
  • 実例3)年間顧問料:34万円(法人)
  • 実例4)年間顧問料:24万円(個人)

医療・健康関連業グループ

クリニック・医院
  • 実例1)個人医院・歯科(売上高2500万円):顧問料 36万円
  • 実例2)個人医院・眼科(売上高6000万円):顧問料 51万円
  • 実例3)個人医院・内科(売上高1億5000万円):顧問料 75万円
  • 実例4)個人医院・眼科(売上高7700万円):顧問料 80万円
  • 実例5)医療法人・歯科(売上高1200万円):顧問料 28万円
  • 実例6)医療法人・産婦人科(売上高1億円):顧問料 54.4万円
  • 実例7)医療法人・専門外来(売上高1億円):顧問料 100万円
動物病院
  • 実例1)動物病院・個人(売上900万円):年間顧問料 18万円
  • 実例2)動物病院・個人(売上1000万円見込):年間顧問料 24万円
  • 実例3)動物病院・法人(売上2000万円見込):年間顧問料 26万円
  • 実例4)獣医・法人成り予定(売上1000万円):年間顧問料 34万円
  • 実例5)動物病院・法人(売上3500万円):年間顧問料 36万円
歯科医院
  • 実例1)個人医院(売上1500万円):年間顧問料 21万円
  • 実例2)個人医院(売上未定):年間顧問料 25万円
  • 実例3)医療法人社団(売上5000万円):年間顧問料 50万円
  • 実例4)医療法人(売上7000万円):年間顧問料 57万円
  • 実例5)医療法人社団(売上1.5億円):年間顧問料 69万円
調剤薬局
  • 実例1)売上高4000万円(個人事業主):年間顧問料 29万5千円
  • 実例2)売上高1億円(法人):年間顧問料 49万円
  • 実例3)売上高1億5千万円(法人):年間顧問料 55万円
整骨院
  • 実例1)往診専門の鍼灸院(個人事業主):年間顧問料 18万円
  • 実例2)接骨院(個人事業主):年間顧問料 26万円
  • 実例3)指圧マッサージ治療院(法人成り):年間顧問料 34万円
  • 実例4)整骨院(法人成り):年間顧問料 48万円
  • 実例5)鍼灸整骨院(法人):年間顧問料 36万円
介護福祉業
  • 実例1)居宅介護支援事業所(売上高600万円):顧問料 20万円
  • 実例2)訪問介護(売上高1000万円):顧問料 25万円
  • 実例3)グループホーム新規設立(売上高5000万円):顧問料35万円
  • 実例4)介護・有料老人ホーム(売上高2500万円):顧問料 40万円
  • 実例5)訪問介護・居宅介護支援(売上高4000万円):顧問料 43万円
太陽光発電事業
  • 実例1)年間顧問料 12万円:会社員・副業(売上高400万円)
  • 実例2)年間顧問料 30万円:個人事業主(売上高2500万円)
  • 実例3)年間顧問料 23万5千円:法人成り(売上高1500万円)
  • 実例4)年間顧問料 18万円:法人(売上高1200万円)
  • 実例5)年間顧問料 42万円:法人(売上高1億円)

専門職業グループ

弁護士・行政書士・社労士・司法書士

◆弁護士業

  • 実例1)個人事務所(売上4000万円):年間顧問料33万円
  • 実例2)法人成り予定(売上3000万円):年間顧問料55万円

◆社会保険労務士業

  • 実例3)個人事務所(売上1000万円見込):年間顧問料 18万円
  • 実例4)社労士法人、個人事務所(売上6000万円):年間顧問料 68万円

◆行政書士業

  • 実例5)個人事務所(売上800万円):確定申告料 10万円
  • 実例6)個人事務所(売上900万円):年間顧問料 17万円

◆司法書士業

  • 実例7)個人事務所(売上3000万円):年間顧問料 44万円

◆弁理士業

  • 実例8)個人事務所のパートナー(売上1500万円):確定申告料12万円
漫画家や作家、イラストレーター
  • 実例1)漫画家:年間顧問料 15万円
  • 実例2)イラストレーター・デザイナー:年間顧問料 20万円
  • 実例3)作家・小説家:年間顧問料 19万円
  • 実例4)イラストレーター:年間顧問料 27万円
  • 実例5)漫画家:年間顧問料 43万円

教育・学習関連業グループ

学習塾・教育業
  • 実例1)学習塾・個人(売上高600万円):顧問料 18万円
  • 実例2)学習塾・法人(売上高2,000万円):顧問料 27万円
  • 実例3)学習塾・個人(売上高1,000万円):顧問料 36万円
  • 実例4)学習塾・法人(売上高5,000万円):顧問料 39万円
  • 実例5)音楽教室・法人(売上高400万円):顧問料 12万円
  • 実例6)英会話教室・法人(売上高500万円):顧問料 20万円

法人・非営利法人グループ

社会福祉法人
  • 実例1)保育園事業:年間顧問料 150万円
  • 実例2)教育関連事業:年間顧問料 180万円
  • 実例3)保育園事業:年間顧問料 70万円
NPO法人
  • 実例1)児童支援サービス:年間顧問料 29万円
  • 実例2)障害福祉サービス:年間顧問料 48万円
  • 実例3)イベント関連事業:年間顧問料 36万円
一般社団法人
  • 実例1)クリエイター支援:年間顧問料 27万円
  • 実例2)スポーツクラブ:年間顧問料 18万円
  • 実例3)研究学会運営:年間顧問料 42万円
  • 実例4)開発研究:年間顧問料 25万円

製造業・建設業グループ

製造業
  • 実例1)菓子製造販売業・??個人(売上高1200万円):顧問料 24万円
  • 実例2)衣類製造業・個人(売上高3000万円):顧問料 25万円
  • 実例3)印刷業・個人(売上高4000万円):顧問料 28万円
  • 実例4)イベント機材の製造・法人(売上高1700万円):顧問料 21.5万円
  • 実例5)サーフボード製造販売業・法人(売上高1000万円):顧問料 22万円
  • 実例6)金属加工製造業・法人(売上高4000万円):顧問料 30万円
  • 実例7)食品製造販売業・法人(売上高1億5000万円):顧問料 50万円
建設業
  • 実例1)足場工事・個人(売上高700万円):顧問料 18万円
  • 実例2)造園工事・個人(売上高1500万円):顧問料 24万円
  • 実例3)内装業・個人(売上高3000万円):顧問料 32万円
  • 実例4)配管業・法人(売上高5000万円):顧問料 38万円
  • 実例5)建築業・法人(売上高6000万円):顧問料 42万円
  • 実例6)内装業・法人(?売上高1億5000万円?):顧問料 68万円

保険業グループ

保険業
  • 実例1)保険外交員(売上1500万円):年間顧問料 15万円
  • 実例2)保険外交員(売上3000万円):年間顧問料 20万円
  • 実例3)個人代理店(売上1200万円):年間顧問料 16万円
  • 実例4)法人代理店(売上2500万円見込)::年間顧問料 22万円
  • 実例5)法人代理店(売上5000万円):年間顧問料 34万円

芸能関連業グループ

芸能関連業
  • 実例1)イベント/ライブハウス・個人(売上500万円):年間顧問料 15万円
  • 実例2)芸能事務所・個人(売上1500万円見込):年間顧問料 26万円
  • 実例3)芸能事務所・法人(売上1200万円):年間顧問料 25万円
  • 実例4)エンタメ関連/芸能事務所・法人(売上未定):年間顧問料 32万円
  • 実例5)イベント/芸能事務所・法人(売上1億5000万円):年間顧問料 60万円

農業グループ

農業
  • 実例1)農家 兼 会社役員・個人(売上高700万円) : 顧問料 15万円
  • 実例2)農業・個人(売上高1500万円) : 顧問料 25万円
  • 実例3)農業 兼 不動産賃貸・個人(売上高1440万円) : 顧問料 22.8万円
  • 実例4)ホップ栽培・法人(売上高600万円) : 顧問料 17万円
  • 実例5)酪農 兼 畜産・法人(売上高5000万円):顧問料 45万円

税理士ドットコムにもっと詳しく確認する

ここでは、税理士ドットコムからクライアントに紹介された業種別税理士費用の実例をご紹介していますが、税理士ドットコムに問合せすれば、ここで紹介した実例を、もっとより詳しく確認することができます。

 

たとえば、コンビニ業界の「実例2)個人経営(売上2億円):年間顧問料 24万円」のケースでは、確認することで、

売上高:2億円/東京都・個人事業主
先代からお付き合いのある税理士がいましたが、直近数年のサポート面に不満があり、変更したいというケースです。

 

税理士の訪問頻度が少なくてもよいので、顧問料を抑えたいというご希望でした。

 

ご面談で好印象だった税理士と、記帳代行、年末調整、確定申告料込み年間24万円(税別)でご契約されました。

 

ご依頼者様はフランチャイズのコンビニを経営しており、コンビニ本部作成の帳票などが整備されているので、お安い顧問料となりました。

このような、より詳しい情報を教えてもらうことができます。

 

税理士ドットコムでは、業界ごとの税理士費用や平均金額について詳細な情報を提供しています。

 

また、税理士と顧問契約をする際に確認すべき事項や、業界ごとの税務・会計に関する注意点なども、専門のアドバイザーから詳しく教えてもらえます。

 

自身やビジネスに最適な税理士を見つけるためには、業種別の税理士費用を把握し、それに基づいて相談や確認を行うことが重要です。

 

税理士ドットコムは信頼性の高い情報を提供しており、プロの目線から税理士選びをサポートしてくれます。

 

税理士費用の実態を知り、自身やビジネスのニーズに合った税理士を見つけるために、ぜひ税理士ドットコムを利用してみてください。

 

そこで得られる情報は、効果的な税務管理やビジネスの成功に向けて大いに役立つことでしょう。

 

【300×250】【税理士紹介URL】税理士ドットコム

 

【関連記事】 税理士ドットコムの評判・口コミ、なぜ無料?気になることをチェック

税理士ドットコム以外の税理士サービスも確認してみたいという方は、こちらから相談することができます。
>> 税理士紹介サイト ランキング。評判からおすすめを比較しています

税理士費用が業種ごとに異なる理由

業種別税理士費用の実例

税理士費用が業種ごとに異なる理由はいくつかあります。
以下に専門家の目から見た主な理由を詳しく説明します。

1.業種の複雑さと専門知識の要求度

異なる業種には、それぞれ固有の複雑さや特定の専門知識が必要です。

 

例えば、製造業は在庫管理や原価計算などの複雑な会計処理が必要ですし、医療業界は医療費の特殊な計上ルールや保険請求の知識が必要です。

 

業種が複雑で専門知識が要求される場合、税理士はそれに応じて高度な専門知識や経験を持つ必要があります。

 

そのため、専門的な知識を必要とする業種では、報酬が高くなる傾向があります。

2.業種のリスクや責任の程度

業種によっては、税務上のリスクや法的責任が他の業種よりも高い場合があります。

 

例えば、金融業界や不動産業界などでは、規制や法的要件が厳格であり、税務上のリスクが高い場合があります。

 

税理士は、法的な要件を遵守し、クライアントの税務リスクを最小限に抑えるために努力する必要があります。

 

そのため、リスクや責任の程度が高い業種では、税理士の報酬も高くなる傾向があります。

3.業種の規模と業務量

業種ごとに企業の規模や業務量が異なることがあります。

 

大規模な企業や複雑な業務プロセスを持つ企業では、税務処理や監査業務に要する時間や労力が増えます。

 

一方、中小企業や個人事業主などの規模が小さい企業では、税務処理の簡略化や効率化が可能な場合があります。

 

業務量が多い場合や特定の業務に対する要件が複雑な場合、税理士はより多くの時間や労力を費やす必要があります。

 

そのため、業種の規模や業務量が報酬に影響を与える要素としては、以下の点も考慮されます。

4.クライアントのニーズと要求

業種によっては、クライアントのニーズや要求が異なることがあります。

 

一部の業種では、クライアントが特定のサービスやコンサルティングを求める可能性が高く、税理士はそれに応じる必要があります。

 

例えば、不動産業界では、投資家や開発業者が不動産の評価や事業計画の作成を依頼する場合があります。

 

このような場合、税理士は専門的なアドバイスやレポートを提供する必要があります。

 

クライアントの要求に応えるためには、追加の労力と時間が必要となり、それに応じて報酬も異なる場合があります。

5.地域や市場の影響

地域や市場の要因も報酬に影響を与える要素です。

 

地域や市場によっては、競争が激しい場合や特定の業種が発展している場合があります。

 

特に需要が高まる業種では、税理士の需要も高まります。

 

そのため、需要と供給のバランスや市場価格に応じて、税理士の報酬も変動することがあります。

6.追加サービスの提供

税理士は単に税務申告や監査業務を行うだけでなく、追加のサービスやコンサルティングを提供することもあります。

 

例えば、事業承継やM&Aの支援、経営戦略の立案、財務分析などがあります。

 

これらの追加サービスは、税理士の専門知識や経験を必要とし、報酬に反映されることがあります。