事業再構築補助金の申請は難しいが着手金なしで申請代行する税理士に依頼

事業再構築補助金の申請は難しい

 

今の社会情勢を見る限り、この不景気がやすやすと、元に戻ることも考えづらい状況です。

 

しかし、今だからこそ補助金を使って、リスクを抑えながら事業を再構築する行動をするべきではないでしょうか。

 

事業再構築補助金の申請は難しいですが、申請代行を着手金なしで行ってくれる税理士に依頼してみませんか?

 

着手金なしの完全成功報酬なら、リスクはありません。
気になる税理士の手数料も紹介します。

 

個人事業主や中小企業が生き残っていくためにも、景気に振り回されない利益の高い事業をつくる生き残り戦略を再構築しましょう。

 

事業を再構築するなら予算の大きい補助金がある今がチャンスです。

事業再構築補助金 着手金なし

事業再構築補助金の申請は難しい

事業再構築補助金の補助金額は、従業員数によって変わりますが、100万円〜1億円。

 

補助率は、中小企業は6,000万円未満なら2/3を補助してもらえます。
6,000万円を超える部分の補助率は1/2です。

 

とても魅力的な補助金です。
ですが、事業再構築補助金の申請はかなり難しいです。

 

自社で頑張って申請できたとしても採択率は2割前後です。
しかし、専門家なら採択率95%という超凄腕の専門家もいます。

 

そんな凄腕の専門家に依頼することで、申請代行を着手金なしで申請してもらえます。

 

補助金は事業再構築補助金だけではありません。
補助金は年に約3、000種類が提供されています。

 

専門家はその中から、依頼主の会社が使えそうな補助金を提案してくれます。

 

つまり、経験・実績にもとづく高確率な採択率と、補助金申請のリピートを促すことで着手金なしにしているのです。

 

そうすることで、お互いがWin-Winの関係が築けています。

 

申請しないでゼロよりも、専門家のプロに手数料を支払ってもプラスになった方がいいのではないでしょうか?

 

また、事業再構築補助金を申請するには経営革新計画書を策定する必要があるのですが、
経営革新計画書は他の補助金の申請にも使えます。

 

ものづくり補助金などでは、経営革新計画書が加点ポイントになります。

 

さらに、都道府県別の補助金の中では、経営革新計画書が認証されてないと届出ができないものもあります。

 

それで、この経営革新計画書の作成費だけを最初に請求されるケースはあります。

事業再構築補助金 手数料

一般に補助金代理申請の手数料相場は、

  • 着手金+成功報酬
  • 着手金なしの100%完全成功報酬
  • 着手金のみ(成功報酬なし)
  • の3パターンにわかれます。

     

    代理申請の手数料相場は主に、申請の手間と採択の難易度で決まります。

     

    ◆比較的大規模な補助金の申請代行手数料

    • 着手金:5万円〜15万円
    • 成功報酬:補助金額の10%〜20%

    ◆比較的小規模の補助金の申請代行手数料

    • 着手金(2万〜5万)+成功報酬5〜10%
    • 着手金なし+成功報酬10〜20%

    ここに紹介しているのは、一つの目安です。

     

    中には、足元を見て成功報酬を30%も要求する専門家もいるので注意してください。

    小さな会社は補助金を活用して、事業を再構築することが必要

    個人事業主や中小企業など、小さな会社が今後生き残っていくためには補助金を活用して、事業を再構築することが必要です。

     

    売上げアップ、人口減少への対策として商圏を拡げる。
    景気に振り回されない事業を創るために粗利が大きく取れる商品やサービスを開発することが必要です。

     

    繰り返しますが、補助金を活用して、事業を再構築するなら予算の大きい補助金がある今がチャンスです。

    補助金を使って事業を再構築 その1

    多くの会社では、業績が悪化した際に役員報酬を下げることで会社を安定させようとしますが、
    個人保証が経営者の肩にのしかかってくる以上、会社に万が一の事があった時に経営者の個人資産は最後の砦になります。

     

    そのため、役員報酬は安易に引き下げるべきではありません。

     

    誰よりも会社を考え、役職的に責任も大きい経営者は、その役割に応じた報酬が受け取るべきです。

     

    つまり、業績が悪化しているのであれば、我慢をするのではなくて業績を上げることに注力をするべきと思います。

     

    とはいえ、売上が下がっている時に新しいことを始めるのは大きなリスクになる。

     

    だから、なんとか耐え忍ぶ選択をするという社長が多いです。

     

    ですが、今の社会情勢を見る限り、この不景気がやすやすと、元に戻ることも考えづらい状況です。

     

    ご存知かもしれませんが、どんな業種にも『衰退期』というものがあります。

     

    市場に新しいモデルがでてきた時、今ある市場が徐々に衰退していってしまう。ということはよくあります。

     

    もはや動かないことがリスクだと言えると思います。

     

    補助金を使って、リスクを抑えながら事業を再構築できる今だからこそ、行動するべきではないでしょうか。

     

    もし今回の不景気が、ただの不景気だと感じられているのであれば、少し危ない状況かもしれません。

    補助金を使って事業を再構築 その2

    価値が高い商品を販売できるようになると..

    • 価格競争から抜け出す事ができたり
    • 原価が例え上がろうが 大きな影響を受けることがなくなったり
    • そもそも売上や利益が大きくアップしたり多くのメリットがあります。

    昨今の原価上昇によって多くの会社は「利益の確保」に苦戦していることと思います。

     

    例えば、原価が上がると、多くの会社が取る施策は

    • 価格を上げて、売上が落ちても利益率を確保するか
    • 価格をそのままで、利益低下を我慢するか

    これらの2択しかありません。

     

    そしてどっちの道をとっても待っているのは経営の悪化です。

     

    つまり、こういったその場しのぎの対策ではなく、
    そもそも景気がどうだろうと利益を確保できるような粗利の高い商品を作ることが本当は大切です。

     

    価値が高くて粗利がしっかり取れる商品を、個人事業主、中小企業は持つ必要があります。

     

    では、そもそも「価値の高い商品」とは何なのか

     

    高い利益が得られるモデルは色々とありますが、共通していることは..

     

    これまで得意としてきた分野の専門的な知識やノウハウを活かし、
    より利益が取れるビジネスへ参入しているということです。

     

    多くの社長さんは自社の特色や強みに気付いていないケースが多いです。

     

    例えば、

    • 製法
    • 使用機材
    • 追加サービス
    • 保管環境
    • 配送の流れ
    • 品質

    ..など、
    どこかに御社のこだわり部分があると思います。

     

    あなたの業界では当たり前でも一歩外に出れば求められる知識やノウハウ、商品であることはよくあるのです。

     

    それを買いたい人がいればビジネスとして成り立ちます。

    補助金の代理申請は行政書士の独占業務

    補助金の申請書類には、事業説明や事業計画、資金計画などのさまざまな書類があります。

     

    その中で一番簡単な申込書の作成代行は行政書士の独占業務です。

     

    ですが、実際の現場の運用としては専門家が「ここにはこのように記載してください」と細かく指示を出し、申請書そのものは依頼者が作成するケースが多いです。

     

    また、「この通りに申請書に記入してください」といって見本を作成して依頼者に渡しているケースもあります。

     

    申請者が自分で作成すれば行政書士は必要ではありません。

     

    とにかく、補助金の申請で最も重要なのが事業計画などの申請書を補完する書類です。

     

    補助金申請の重要なポイントは、申請に必要な事業計画をどのように作成するかです。

    補助金 申請代行に強い専門家を探す

    事業再構築補助金の申請は難しい

     

    事業再構築補助金の申請代行だけでなく、補助金全般に強い専門家を探しましょう。

     

    専門家は、どの補助金を使って、どれくらいの投資でどういった事業を作れば、どういったリターンが得られるのか
    マンツーマン形式で戦略を練ってくれます。

     

    補助金申請での不採択の理由が分かっているので、申請書に何を書けばいいのか?
    何が抜けていたらダメなのか?

     

    そして、

     

    何を書いてはいけないのか?
    が明確になっています。

     

    顧問税理士がいるから、行政書士が近くにいるからと頼んでも、
    その税理士、行政書士が補助金に強いとは限りません。

     

    もちろん、お願いすれば補助金に詳しくなくても、士業のプライドもあるので「できません」「分かりません」とは言わないで「調べてみます」と答えると思います。

     

    しかし、そこから先は調べている間に申請期限が過ぎてしまうか、申請をしても採択されず着手金だけ無駄になってしまうケースが大半です。

     

    補助金は年間に最低でも3,000種類以上出ています。
    いつ募集されるか分からず、急に終わることもあります。

     

    極端な言い方になりますが、補助金は戦い、奪い合いと言ってもいい状況です。

     

    補助金に強い専門家なら事業再構築補助金だけでなく、あなたの会社が申請すれば採択されるであろう補助金の提案を随時してくれます。

     

    これは大きなメリットです。

     

    補助金の代行申請は、補助金採択の申請や手続きをした経験が豊富な専門家に依頼するようにしましょう。

    補助金申請代行に強い専門家

    補助金の申請で作成する書類(事業説明や事業計画、資金計画など)の専門性を考えれば税理士がおすすめです。

     

    補助金に強い経営コンサルタントもいますが、費用を考えれば、税理士の報酬に0が一つ余分に付くくらい高額です。

     

    補助金に強い税理士は、中小企業診断士や行政書士の資格も持っているか、連携してチームを作っています。

     

    顧問契約を結ばなくても。補助金だけのスポット契約でも大丈夫です。

     

    税理士紹介サービスを利用することで、完全成功報酬の税理士を探すことができるし、
    成功報酬の相場も知ることができます。

     

    何よりも、複数の税理士に見積もりを無料で出してもらうことができるので、手間をかけることなく比較して選ぶことができます。

    おすすめの税理士紹介サービス

    税理士紹介サービスは、とてもたくさんありますが、おすすめは「税理士ドットコム」です。

     

    数多い税理士紹介サービスの中で唯一上場企業が運営していて信頼がおけます。

     

    また、登録している税理士数や紹介実績数が業界最多です。

     

    登録税理士が多いことは、利用する側にとっても選択肢が増えます。

     

    これまでの利用者からの信頼も厚く、相談件数、マッチング実績、登録税理士の数も日を追うごとに増えています。

     

    運営実績も15年と古く、依頼者と税理士をマッチングするコーディネーターも親切・丁寧な対応で、こちらの希望を聞き取り、ときにはアドバイスももらいながら、条件にあった税理士を見つけてくれます。

     

    面談の日時、場所などもセッティングしてくれ、面談をして、条件が合わなければコーディネーターが代わりに断りもしてくれるので、安心して複数の税理士と面談することができます。

     

    税理士を紹介したあとでも、相談にのってくれるのですが、他ではここまでのサービスはありません。

     

    【336×280】【税理士紹介URL】税理士ドットコム

     

    【関連記事】税理士紹介サイトおすすめ評判、比較!20サイトを4項目で検証