過払い金請求を名古屋の司法書士杉山事務所に頼んだ体験談

司法書士法人杉山事務所 体験談

過払い金請求を名古屋の司法書士法人杉山事務所にお願いした体験談をありのままにお伝えします。
体験談を踏まえた私なりの杉山事務所の評判・口コミを紹介。

 

過払い金請求で、クレジット会社の借金を少しでも減らせればと、司法書士に依頼したのですが、
減額どころか借金200万円がゼロになった話です。

 

クレジット会社に借金がある方は、私と同じ様にすれば借金がゼロになる可能性があるかもわかりません。

司法書士法人杉山事務所 体験談

ここからは、恥かしいですが私の女房の借金の話しです。

 

私達は愛知県に住んでいますが、ある日、女房にクレジット会社から、「法的手続きを取ります。」
という通知が届きました。

 

女房はビックリしたようで、私に「どうしよう?」と相談してきたのです。
私にとっては寝耳に水です。

 

女房と私は、年金生活ですが楽ではありませんが別段生活には困ってるわけではありません。

 

なぜ、女房が借金したかというと、パチンコにつぎ込んでいたようです。

 

確かに、これまでも二人でパチンコをすると、女房の方が稼いでいたのですが、
それがどうやら裏目に出たようです。

 

借金の総額はクレジット会社2社で、合計約200万円

 

「法的手続きを取ります。」の通知はこんな内容です。

司法書士法人杉山事務所 体験談

見にくいと思うので、書き直してみました。

 

あまり具体的過ぎてもよくないので、少しぼかしてあります。

催告書

 

債務者  〇〇〇〇
残債務合計 1、8〇〇、〇〇〇円
内キャッシング残債務
1、8〇〇、〇〇〇円
請求金額 1、8〇〇、〇〇〇円 
(内訳)
ショッピング元金  0円
手数料      0円
損害金      0円
キャッシング元金 68○、〇〇〇円
利息        1〇、〇〇〇円
損害金    1、1〇〇、〇〇〇円 

 

貴殿の債務について、再三にわたりお支払いをお願いしておりますが、いまだにご入金の確認ができておりません。当社と致しましてもこれ以上放置することはできませんので、右記請求金額を二〇二二年〇月〇日までの期限内にご入金くださるよう催告します。
 尚、ご入金無き場合は、裁判手続きを進めざるを得ませんのでご承知おきください。
 催告日 二〇二二年〇月〇日

 

(振込先)
〇〇銀行 〇〇支店
普通口座 〇〇〇〇〇〇〇
ニッセン・クレジットサービス株式会社
 なお、本状と行き違いにご入金ご連絡の節はご容赦くださいませ。

「法的手続きをとる。」と連絡が合った会社は、書類をよくみると、
借入金額が約80万円なのに、損害金が100万円以上も請求されていました。

 

損害金については初耳だったのと、料率からしても違法だと判断できるぐらい高率だったので、これは違法だから取り戻せると思い、専門家に債務整理をお願いしようと思ったのです。

 

もう一つのクレジット会社は、れいわクレジット株式会社です。

 

こちらは三菱UFJニコスから債権を承継した会社です。

 

金額は約12万円で、 ニッセン・クレジットサービス株式会社と合わせると約200万円になります。

 

債務整理は、司法書士法人杉山事務所にお願いすることにしました。

司法書士法人杉山事務所を選んだ理由

司法書士法人杉山事務所を選んだ理由は簡単です、これまでにテレビCMや、電車内の広告などで、よく目にしていたからです。

 

名古屋に事務所があるのも大きかったですね。

 

ネットで検索すると、すぐに見つかったので公式サイトから債務整理の申し込みをしました。

 

相談料が無料というのも司法書士法人杉山事務所を選んだ大きな理由の一つです。

司法書士法人杉山事務所 借金減額の流れ

公式サイトの申込フォームから、申し込むと30分ぐらいで携帯に電話が入りました。
依頼内容の確認です。

 

そして、相談の日時を決めたのですが、大阪のコールセンターからの電話なので、名古屋の地理はあまり詳しくないようで名古屋事務所の場所を理解するまでには、少し時間がかかりました。

 

あとで、公式サイトをみたら地図が分かりやすく掲載されていたので、それほど心配することもなかったです。

 

相談予約は、申し込んだ日から1週間後の午後1時です。

 

さっそく、当日、女房と二人で出かけました。

 

名古屋駅西口のビルの3Fです。

 

女房も私も緊張していましたが、最初に応対してくれたのが、優しそうな若い女性です。

 

最初は少し偉ぶったような、いかついオジサンを想像していたので、何かホッとしたのを覚えています。

 

女房も後で、初めに女性が応対してくれたので、少し緊張がほぐれたと語っていました。

 

この女性は司法書士ではないようで、専門知識はあるのですが、
何度か私たちの相談内容を聞いては、席をたって上司の司法書士のところに報告に行っていました。

 

相談内容が一通り説明し終わると、やっと司法書士先生のお出ましです。

 

いかにも、先生という感じです。
名詞を添付しておきます。

司法書士法人杉山事務所 体験談

この人が最初に応対していたら大分緊張しただろうな、という感じです。

 

しかし、女性で気分がほぐれていることもあり、税理士の先生も見かけと違い言葉遣いもとても丁寧で分かりやすく説明して貰え、緊張することもありませんでした。

借金を0円にする

そこで、司法書士の先生から提案があったのが、借金がゼロにできるかもわからないということでした。

 

私たちは、損害金が違法だからその金額をいくらかでも減らすことができればと思っていたのですが、先生から意外な答えが返ってきたのです。

 

損害金は違法ではなく、貸出金利と違って貸出側が自由に設定できるというのです。

 

え〜ッ!という感じです。

 

それでも、司法書士の先生が言うには、5年以上、裁判を起こしたことがなければ、借金は棒引きできるというのです。

 

同意してもらえれば、その確認をクレジット会社2社に取ります。といいます。

 

そして、もしそれが不調に終わった場合は、借金を分割で返済していくか、自己破産を選ぶことになります。というのです。

 

借金を0円にすると言うのは、時効援用手続きという処理方法だそうです。

 

とりあえず借金を0円になるということは願ってもないことなので、先生にその時効援用手続きをお願いすることにしました。

 

連絡は私の携帯に来るように、承諾書も作成。

 

この承諾書が無いと、いくら夫でも情報を教えてもらうことはできないそうです。

 

解決できるかできないかは、相手のクレジット会社からの返事待ちもあるので、
1ヶ月〜2ヶ月、遅いと3ヶ月もかかるケースがあるといいます。

 

クレジット会社によっては、嫌がらせでわざと遅らせるところもあるそうです。

 

着手金はクレジット会社2社分で12万円。

 

この金額ですが司法書士法人杉山事務所に「債務整理事件 報酬基準」というものがあって、それに準じて決められます。

 

この報酬基準書は見せてもらえます。
いわゆる明朗会計ですね。

 

この書類手続きが終わり、司法書士法人杉山事務所をあとにしました。
約1時間の相談です。

 

着手金は指定口座に、翌日銀行振込しました。

1ヶ月後

司法書士法人杉山事務所から私の携帯に連絡が入りました。

 

「解決しました。もう、借入金を支払うこともなければ請求が来ることもありません。」
という連絡です。

 

思ったより、早い連絡と借金が0円になった喜びは、今でも忘れません。

 

それで、解決の書類は送ってもらえますか?
と尋ねたら、それはありません。というのです。

 

クレジット会社2社は、女房の債権をデーターから消して終わりで、書類は何もないそうです。

 

とにかく、万々歳です。

 

借金が少しでも減額できればいいと、考えていたのが借金が0円になったのです。

 

しかも、約200万円という大金です。

司法書士法人杉山事務所の評判・口コミ

私の司法書士法人杉山事務所への評判、口コミは、「感謝・感謝」です。

 

大阪からの電話に始まり、受付の女性、担当の司法書士、全員が優しく丁寧な応対でした。

 

クレジット会社からの借金で困っている方は、まずは専門家に相談してみることをおすすめします。

 

私の女房のように200万円が0円になることだってあるんです。

 

司法書士法人杉山事務所が近くにある人なら私は司法書士法人杉山事務所をおすすめします。

損害金

正確には遅延損害金というそうです。

 

利息と遅延損害金は別々のもので、返済期日以降に発生します。

 

遅延損害金の上限利率について、利息制限法4条1項には次のように定められていますが、

  • 10万円未満:29.2%
  • 10万〜100万円:26,28%
  • 100万円以上:21.9%

と、とても高率です。

 

そして、これは合法なのです。
この遅延損害金というのは、知っている人は少ないのではないでしょうか。

時効援用手続き

最後の支払期日から5年経過していて、なおかつその間に債権者が債務者に対して、裁判を起こしていないことが条件になります。

 

また、その間に借金を少額でも返済したリ、
電話で借金を認める発言や、借金があることを認める文書を書くと、時効期間はリセットされます。

 

逆に、この基準にあてはまれば、
債権者(クレジット会社)に対し、時効を迎えたので、借金の返済はしないという意思表示をすることで、借金を帳消しにすることができるのです。

 

私たち夫婦がお願いしたのが、この時効援用手続きだったのです。